ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • GooglePlus
  • シェアする
仮想通貨取引の基礎知識

仮想通貨情報を得るための注目のTwitterアカウント

これだけは見ておきたい情報源 2018年4月15日 投稿

仮想通貨の情報獲得はTwitterもおすすめ

日々最新の情報が更新されていく仮想通貨の業界において、その情報収拾にTwitterは大変に有効です。その主な理由は、情報が出てくる速度の速さです。状況が刻々と変化する仮想通貨において、取引をする上で情報の鮮度は極めて重要な意味を持ちます。情報収集に遅れが生じるだけで利益を損なうことがあるばかりか、損失を抱えてしまうことも少なくないからです。

またツイッターだけでなく、まとまった情報が欲しいのであればブログも有効です。ブログはツイッターと違って、有力な投資家のテクニカル分析や、海外の情報の和訳記事など、より詳細な情報を入手することができます。

有力なブログサイトであれば、基本的な取引所の開設方法や売買のテクニックなどの情報を手に入れることもできるでしょう。とはいえ、ブログを日々閲覧、巡回することはかなりの時間と労力が必要となります。

そこで、任意に更新されたタイミングで最新情報を獲得する意味でも、ツイッターアカウントをフォローしておくと、ブログが更新されたタイミングで情報を手に入れることができるのです。世界規模で日々更新される仮想通貨の世界を楽しむために、これら、ブログやツイッターアカウントの情報は、積極的に活用していきたいものです。本記事ではそうしたTwitterアカウントの中でも、特に一般に評価を集めるものをご紹介します。

国内著名ツイッターアカウント

大石哲之 さん

1975年、東京に生まれ、慶応大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。退社後は、株式会社ジョブウェブの創業、株式会社ティンバーラインパートナーズを設立、代表取締役(現職)を歴任するなど幅広い活動で知られています。著作活動も盛んで、ブロガー活動を始め、現在は、仮想通貨関連の事業をメインに関わっており、業界内では「ビットコインと言えば大石哲之さん」言われるほどに精通しています。情報そのものに高い信頼性が感じられるためか、そのフォロワーの人数の多さも、特徴です。

墨汁うまい さん 61,442

人物の詳細は不明ですが、イーサリアムを中心に研究されており、時折「速報」と題して、海外の最新情報を早い段階で提供されています。海外の情報は英語のニュースやツイートを見るよりも分かりやすい、と感じるほどに丁寧に解説されており、仮想通貨の取引をする上では欠かせない情報源ということができます。

ポイン@ハイパーニート さん

大変な人気を誇る仮想通貨ブロガーで、現在は自称「ハイパーニート」と名乗られている方です。2016年までは広告会社の営業職を務め、土日は副業にあてるなど、かなりのハードワーカーだった過去を持たれている一方、現在はツイッターで1日千円以下で暮らしていることを公表するなど、その独特のキャラクターも話題となっています。週刊SPA! をはじめとした各種メディアでインタビューされる程の人気者で、その後も積極的に露出を続けていらっしゃいます。

広瀬隆雄 さん

1959年、広島県に生まれ、S.G.ウォーバーグ証券会社(現UBS証券会社)やハンブレクト&クィスト証券会社(現J.P.モルガン証券会社で経験を積んだのち、現在は、コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍。合わせてWebメディアMarket Hackで編集長をされており、仮想通貨や投資、経済などに大変詳しい方です。仮想通貨に関しては2017年末頃から積極的に情報発信されており、実際に長く金融業界に所属していた経験に裏打ちされた発言には注目が集まります。

岡三マン さん 189599

岡三証券が「当社とは一切関係ない」と認めたこと以外一切詳細が不明ながら、その情報発信力の速さと的確さが話題となっている方です。社会問題から災害まで、仮想通貨に特化しているわけではありませんが、株価、引いては投資全般に影響を与えるニュースをツイートしています。しかし、毎日人民元レートのツイートを欠かさないことや、週末や夜中も止まないその情報発信の量と質に、このアカウントがそもそも人間ではなく、何らかのプログラムなのではないかという憶測もされています。

まとめ

日々最新の情報が更新されていく仮想通貨の業界において、その情報収拾にTwitterは大変に有効です。その主な理由は、情報が出てくる速度の速さです。ただし、突然情報の見極めができない状態で色々な情報に触れると、情報発信と言うよりは発信者のマーケティングに寄った意見がされている場合もあるので、注意が必要です。信頼できる情報を手に入れるためには、、まずは複数のメディアや情報発信源などに触れて、その中で複数から紹介されているようなアカウントを中心にチェックしていくとよいでしょう。

関連記事はこちらから

仮想通貨の記事を見られる「新聞系メディア」

ホワイトペーパーの見方

仮想通貨取引をする上で注目したい個人ブログ

世界で著名な仮想通貨投資家を知ろう

  • 2017年最新版 仮想通貨取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!