ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.4.5)

ニュース 2018年4月5日 投稿

4月5日のマーケットトレンド

執筆時点でBitcoinの価格は6,818ドルで、過去24時間で6.89%下落した。BTC / USD市場では、9億ドル以上のBTCが取引され、一日の取引量の21.5%を占めている。BTC / JPYは56.3%のシェアを占めている。

Ethereumの価格は過去24時間で5.86%低下しており、一日の取引量の35.1%の市場シェアを占めている。ETH / USDペアで2億2000万ドル以上が取引された。

 ベネズエラがロシアからの自動車部品購入にペトロを使用

ベネズエラ政府は、ロシアのカマズ(Kamaz)トラック自動車部品を購入する計画を明らかにし、ペトロでそれを支払うつもりだと発表した。ベネズエラのホセ・ビエルマ・モラ(Mora)大臣によれば、国家の仮想通貨(暗号資産)がコンポーネント、タイヤ、バッテリー、スペアパーツの購入に使われる。モラ氏は「協力にはペトロとの支払いが含まれるだろう。」と述べた。両国の閣僚は、カラカスでのハイレベルの会合での二国間取引におけるエル・ペトロの使用について議論している。エネルギー、建設、軍などの分野もカバーされている。

出典:https://news.bitcoin.com/venezuela-to-use-the-petro-to-buy-auto-parts-from-russia/

Coincheckは買収による入札を承認することを決定

日本大手取引所のCoincheckは、日本で3番目に大きなオンライン証券会社であるマネックスからの買収提案を受け入れることを決定した。日本の日経平均日経平均によると、Coincheckは、主要なオンライン証券会社であるマネックスから数十億円の資本金を含む買収提案を受け入れる。1月のNEMへのハッキングで5億3000万ドルの盗難に苦しんだ後、回復努力を続けていた。

出典:https://www.ccn.com/breaking-hacked-japanese-exchange-coincheck-accepts-takeover-bid/

韓国の規制当局が取引所にユーザー契約の見直しを指示

韓国の規制当局は、同国の仮想通貨(暗号資産)取引所のうち12件に口座開設時に交わされるユーザー契約の修正を命じた。昨日公韓国の公正取引委員会(FTC)の表明した声明では、登録している顧客に対して、十分な保護を提供していないと指摘。Bithumb、Korbit、Coinoneなどの人気取引所に向けて改善を命令した。韓国の報道関係者によると、取引所は登録者にたいして、一方的な契約を締結させるかたちをとっており、ユーザーによっては「不当に預金を引き出せなくなっている」状態にある例もあった、と問題視されていた。

出典:https://www.coindesk.com/korean-regulator-tells-crypto-exchanges-revise-user-agreements/

<picup view>

10日、金融庁がコインチェックの仮想通貨(暗号資産)取引業者登録を容認する審査を行うことを明らかにした。顧客資産の分別管理や、リスク管理、内部菅さなどの適切な経営体制を整備することが前提となっており、改善状況を点検しつつ登録審査を再開する。

この時期の発表という点に関しては、同社がXEM流出事件の補てんを先月に行い、一区切りをつけたことが挙げられるだろう。

また、現在話題のマネックスによる買収が登録容認を促進したかどうかは定かではないが、技術者中心の編成だったコインチェックが買収により再編されるというのも「適切な経営体制」という項目を満たすのに一役買っていることは確かであると思われる。

さらに金融庁は追加で「取引履歴が公開されず、マネーロンダリングに利用されやすい通貨の取り扱いの廃止」も求めている。

これについて同社が近いうちに何らかの通貨の上場を廃止するだろう。

どの通貨を廃止するかは今のところ定かではないが、コインチェックが扱っている通貨の中で匿名性が高いものと言えばDashが挙げられるのではないだろうか。Dashはその匿名性の高さゆえに、流出後のXEMの資金洗浄にも使われており、そのような背景を考慮すると、廃止通貨の候補には間違いなく上がってくるだろう。

関連記事はこちらから

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨ニュース」(2018.9.5)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.26)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.5.22)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.9.10)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!