ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.1)

ニュース 2019年12月1日 投稿

仮想通貨取引所ポロニエックス、トロン基盤最大の分散型取引所(DEX)買収【ニュース】

仮想通貨取引所大手ポロニエックス(Poloniex)は11月27日、仮想通貨トロン(TRX)ブロックチェーンにおける最大のDEX(分散型取引所)「TRXMarket(TRXマーケット)」の買収を発表した。

ポロニエックスは2019年10月19日、新会社ポロ・デジタルアセット(Polo Digital Assets)の傘下企業として、従来の親会社サークルからの独立を発表。セーシェル共和国を拠点としており、2019年11月1日以降、米国顧客はポロニエックスで取引できなくなった。

ポロニエックスによる今回のTRXMarket買収については、何がどう変化するのかは明らかになっていない。

ポロニエックスは、買収の結果としてトロンに長期かつ有益な効果をもたらすことを約束したようだ。

出典:コインテレグラフジャパン

イーサリアム開発者を逮捕、北朝鮮に仮想通貨を使った制裁回避策を教えた容疑──イーサリアム財団が声明

ニューヨーク州南部地方検察局は11月29日(現地時間)、グリフィス容疑者は感謝祭の日(11月28日)にロサンゼルス国際空港で逮捕されたと発表した。

訴状は具体的に、国際緊急経済権限法違反をあげた。

訴状によると、グリフィス容疑者は北朝鮮への渡航許可は拒否されていたにも関わらず、カンファレンスに参加しようとした。同容疑者は許可を得ることなく、おそらく中国を経由してカンファレンスに参加したと見られている。

尋問の中でグリフィス容疑者は、捜査官にカンファレンスの写真や書類を見せ、2020年に再び開かれるカンファレンスにも参加したいと述べた。

リンクトイン(LinkedIn)のページによると、グリフィス容疑者は2016年10月からイーサリアム財団に勤務し、特別プロジェクトの責任者を務めていた。

出典:coin desk JAPAN

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.8.19)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.20)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.27)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.28)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!