ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.25)

ニュース 2019年11月25日 投稿

仮想通貨取引所OKExの独自トークン、4つのパートナーからサポートを確保

マルタを拠点とする仮想通貨取引所OKExは、独自に発行する取引所トークンOKBについて、取引所や、ハードウェアウォレットの元帳データ管理会社などを含む4つの新しいパートナーからのサポートを確保した。

仮想通貨のハードウォレットを提供するフランスのLedger社、ベトナムに拠点を置くOTC(相対・店頭取引)取引所Aliniex、法定通貨から仮想通貨取引所への交換業者Bvnex、仮想通貨ブロックチェーン を搭載した小売業者Cryptomallと提携したことを発表した。

今回の提携の目的は、OKBエコシステムを主流に移行することと、同システムをグローバルな規模でユーザーに広め、包括的にする狙いだ。

ブロックチェーンでトランザクション(取引)記録を保持するオンラインマーケット市場、Crptomallは、OKBトークンを受け入れることで、OKExユーザーは100万以上の製品にアクセスできるようになる。

出典:NEXT MONEY

フォビジャパン、「沖縄県首里城火災復旧支援 暗号資産寄付プロジェクト」を開始【フィスコ・ビットコインニュース】

暗号資産(仮想通貨)交換業を手がけるフォビジャパンは25日、2019年10月に火災によって大きな被害を受けた沖縄県首里城の復旧支援として、仮想通貨での寄付を募るプロジェクトを2019年11月25日より実施すると発表した。

寄付方法としては、フォビジャパンアカウントから寄付する方法と、その他のウォレットから寄付アドレスへ寄付する方法の2種類があるようだ。寄付された仮想通貨は入金直後にリアルタイムで日本円に換金し、まとめてフォビジャパンからの募金として沖縄県に寄付するとしている。

同社の代表取締役社長である陳海騰(チン・カイトウ)氏が沖縄国際大学に留学した経験があり、沖縄県のために貢献したいという強い思いから、同プロジェクト開始にいたったと伝えている。

出典:みんなの仮想通貨

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.19)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.4.5)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨ニュース」(2018.07.06)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.8.7)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!