ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.24)

ニュース 2019年11月24日 投稿

フィデリティ子会社、年内に仮想通貨取引所と初契約へ

金融サービス大手フィデリティ(Fidelity)の子会社で、仮想通貨取引事業を行うフィデリティ・デジタル・アセット・サービス(Fidelity Digital Asset Service:FDAS)は、今年中に最初の取引所と契約を結ぶ見込みだ。同社社長のトム・ジェソップ(Tom Jessop)氏が語った。

FDASは仲介業者として、機関投資家が様々なところでビットコインを売買する際に最善の取引ができるよう支援する。これまでのところ、その相手はすべて店頭取引(OTC)トレーディングデスクであった。

この動きはおそらく、FDASにより幅広い市場と小規模トレーダー向けのリクイディティへのアクセスを与えることになるだろう。OTCデスクは主に、より大規模な機関投資家や大金を投じる大口投資家と取引をする一方、取引所は個人投資家や、より小規模な機関投資家にサービスを提供する。

出典:coin desk JAPAN

オランダサッカー協会、UEFA欧州選手権予選でブロックチェーンアプリを試験導入 偽造チケット対策【ニュース】

オランダサッカー協会(KNVB)は、11月19日に行われたUEFA欧州選手権予選のオランダ対エストニア戦で、ブロックチェーン基盤の発券アプリを試験的に導入した。同日、オランダプロサッカークラブ「AFCアヤックス」のファンメディア、アヤックスライフが報じた。

このアプリは、バーコードを読み取ることで入場が可能となる仕組みだ。また、決まった一定の入場期間や特定の範囲でのみ利用可能となるため、チケット転売の抑制が可能だ。

また、このブロックチェーン技術の試用が成功すれば、EU機関の1つである欧州地域開発基金による支援を受けられ、アプリ開発をより進めることが可能となるという。

出典:コインテレグラフジャパン

関連記事はこちらから

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.6.7)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.6.11)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.6.26)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.27)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!