ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.17)

ニュース 2019年11月17日 投稿

仮想通貨リブラのテストネット進捗状況 5万通以上の送金・30超のプロジェクト開発

「リブラ協会」はフェイスブック社主導の仮想通貨リブラの開発進捗について、最新の状況を公開した。

新しいブログで、協会デベロッパーのMichael Engle氏は、9月以来リブラのテストネットですでに51,000通の送金が行われており、34プロジェクトがテストネット上で開発されたと説明した。プロジェクトの中には、リブラウォレットやブロックチェーンエクスプローラが含まれる。

リブラ協会は10月初頭に開発のロードマップを公開した。今回の進捗アップデートでは、年内にロードマップの第一段階を完了させる予定をしている。第一段階は、協会メンバー5社がリブラのフルノードを運営することに該当する。

出典:Coin Post

ウクライナの鉄道職員、鉄道施設に100台以上の仮想通貨マイニング機器を設置し検挙【ニュース】

ウクライナの国鉄にあたる「ウクライナ鉄道」(Ukrzaliznytsia)は11月15日、傘下のリヴィウ鉄道の施設に100台以上の仮想通貨マイニング機器が設置され、マイニングファームとして利用されていたと発表した。同社の電力網に接続し、ビットコイン(BTC)をマイニングしていたそうだ。

発表によると、(電気料金を基にした)年初からの推定被害額は100万UAH(フリヴニャ。約450万円)という。

2018年6月、ウクライナの国家特別通信・情報保護局は、仮想通貨のマイニングを規制する計画はないと述べていた。しかし、仮想通貨企業は高額の罰金を課されたり、機器を押収されたりする恐れがあり、マイニングは依然として大きなリスクを伴うと報じられた。

出典:コインテレグラフジャパン

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.6)

金融庁がビットポイントジャパンの業務改善命令を解除

編集部による仮想通貨トピックス(2019.8.12)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.4.17)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!