ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.15)

ニュース 2019年11月15日 投稿

XRP等仮想通貨裏付けのステーブルコイン誕生へ バイナンスのIEOプロジェクトが発行を計画

バイナンスにてIEOを行ったDifiプロジェクトのKava(カヴァ)は、同プロジェクトによるステーブルコインUSDXはロードマップの通り、XRPを含む仮想通貨を裏付け資産として対応する。公式SNSでユーザーの質問に返答した。

Kavaプラットフォームの開発を行うKava LabsはKavaメインネットが稼働したことを正式に発表し、ユーザーからXRPを裏付け資産としたステーブルコインについて問われた際には、「KavaプロジェクトのステーブルコインUSDXに関しては、ロードマップの通りXRPおよび他の仮想通貨を裏付け資産として設計される」と答えた。

Kavaで、ユーザーは自分の保有するXRPやビットコイン、BNB等複数銘柄を担保とすることにより、ステーブルコインのUSDXを発行・引き出すことができる。

Kavaプロジェクトのエコシステムのパートナーには米Rippleが名を連ねている。

出典:Coin Post

コインベースのデビットカード、リップル(XRP)など5仮想通貨にも対応、新たに10カ国でも発行

コインベース(Coinbase)は同社のVISAデビットカードに5つの仮想通貨のサポートを追加、また新たにヨーロッパ10カ国での利用が可能になった。

また、ブルガリア、クロアチア、デンマーク、ハンガリー、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、ポーランド、ルーマニア、スウェーデンでも使えるようになった。

コインベースカードはイギリスとEU諸国で今年4月にローンチされた。同社は、ユーザーがデビットカードを使って取引を行うと、「即座に」仮想通貨は法定通貨に替わると語った。

同社によると、カードはVISAが使える場所なら世界中どこでも使える。またコインベースはVISAを使ったモバイル決済ができるアプリも提供している。

出典:coin desk JAPAN

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.2)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.2.13)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.4)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.6.26)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!