ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.7)

ニュース 2019年11月7日 投稿

米TernioのVISAデビットBlockCard、リップルに対応

複数の暗号通貨(仮想通貨)をサポートするTernioの決済カードプラットフォーム「BlockCard」は11月5日、新たに米Rippleの仮想通貨「XRP」に対応したことをツイートにて発表した。同社のBlockCardは、所有する仮想通貨にひも付けられたVISAデビットカードとして機能する決済カードである。

BlockCardアカウントを取得しカードを入手することで、対応する仮想通貨をアカウントに預け入れ、VISAデビットカードとして店舗にて支払いができる。

現在、BlockCardは米国のみの展開だが、Ternioは将来、カードがグローバルに使用できるよう、サービスの拡大を目指している。

出典:仮想通貨Watch

JVCEA、仮想通貨取引業者の国際規制団体「IDAXA」への加入を発表

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)はインターナショナル・デジタルアセット・エクスチェンジ・アソシエーション(IDAXA)と基本合意書(MoU)を締結し、同団体への加入を発表した。

IDAXAは仮想資産に対する各国の規制を統一していくことなどを目標とした国際団体。7月に大阪で開催されたV20において発足し、日本からは日本ブロックチェーン協会(JBA)がすでに加入している。

今後、仮想通貨取引に関しても勧告を発表しているマネーロンダリング対策を手がける金融作業部会(FATF)等との対話などを行い、仮想資産サービス事業者(VASP)業界の声を届けていくことを目標としている。

IDAXAの初期メンバーはシンガポールやオーストラリア、台湾、韓国、香港と、加入する団体は環太平洋およびアジア地域を中心としていることがわかる。

出典:Coin Post

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.4)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨ニュース」(2018.12.26)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.21)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.7.10)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!