ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.1)

ニュース 2019年11月1日 投稿

仮想通貨マイニング大手の内紛──内部記録が漏洩

ビットメイン(Bitmain)のスタッフ会議の記録によると、世界最大のビットコイン(Bitcoin)マイニング企業である同社内部の醜い権力闘争が、共同創業者のミクリー・ケチュアン・ザン(Micree Ketuan Zhan)氏の突然の追放に繋がったことが明らかになった。

CoinDeskは10月29日に行われた1時間のミーティング記録の一部を入手した。その中で、2013年にザン氏と共に会社を設立したビットメインの共同創設者であるジーハン・ウー(Jihan Wu)氏は、長年のパートナーで元共同CEOであるザン氏を解任する必要があると考えた理由を全従業員に説明した。

「ザン氏は、通常の企業のビジネス上の意思決定における意見の不一致を権力闘争のレベルにまでエスカレートさせた」とウー氏はスタッフに語った。

出典:coin desk JAPAN

サムスン、ブロックチェーンウォレットに仮想通貨Elrond(ERD)を追加

サムスン社は、仮想通貨Elrond(ERD)トークンを自社のブロックチェーンウォレットに採用する。

ERDトークンの採用によって、サムスン社のユーザーはElrondネットワークに構築された分散型アプリケーション(dApps)に容易にアクセスできるようになる。Elrondにとっても、サムスン社のグローバルな顧客層と接点を持つことができるようになるため、Elrondはこれが「双方にとってメリットのある」取り組みだと考えている。

サムスン社のブロックチェーンウォレットはERDトークンのほかに、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、Aergoトークンをサポートしている。さらに今週初めにはTRONのサポートも表明しており、自社のブロックチェーンスマートフォンを介してTRONのブロックチェーンにアクセスできるようになる見込みだ。

出典:Coin Post

関連記事はこちらから

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.11.14)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.15)

TAOTAOのセキュリティと、仮想通貨(暗号資産)の将来像

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2018.04.28)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!