ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.31)

ニュース 2019年10月31日 投稿

仮想通貨リブラを排除へ EU5ヶ国が連携=現地メディア報道

欧州連合内(EU)の5か国が、フェイスブックが主導する仮想通貨リブラのローンチの阻止に向け、連携することが決定されていたと関係者が明かした。LibraがEUに入るべきではないと主張する各国財務相の声明を12月にも公開する予定だという。現地メディアのPolitico Europeが伝えた。

リブラのローンチの阻止を図る国には、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダの5ヶ国。10月28日にブリュッセルで行われた会議で5ヶ国の財務相が議論を行い決定した。

現時点で排除に関わる法的根拠は示されておらず、リブラ排除を本格化する場合、排除の法的根拠となるルールをしっかりと明示する必要が、政府・規制当局側には求められるとの指摘もある。

出典:Coin Post

FTX、中国の8つの仮想通貨を対象とした先物指標を提供

デリバティブ取引所「FTX」は、中国で人気の8つの仮想通貨を対象とした先物指数の提供を開始した。

バイトム(BTM)、アイオーエスティー(IOST)、ネオ(NEO)、ナルス(NULS)、オントロジー(ONT)、クアンタム(QTUM)、トロン(TRX)、ヴィチェーン(VET)の8つのコインのそれぞれの加重平均で構成されるバスケットを追跡する。

カリブ海にあるアンティグア・バーブーダで運営されているFTXは、オーソドックスとは言えない指数を提供してきた歴史があり、8月には面白い名前の「シットコイン・パーペチュアル・フューチャーズ・インデックス(Shitcoin Perpetual Futures Index)」をローンチした。この先物指数は、58の時価総額の低い仮想通貨バスケットを対象としている。

出典:coin desk JAPAN

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.15)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.25)

【初心者必見】リップルを始めたい人必見!手軽に購入できる4つの取引所をご紹介

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.9)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!