ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.29)

ニュース 2019年10月29日 投稿

スターバックス、2020年前半に仮想通貨決済を試験導入

ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引(Intercontinental Exchange=ICE)が、Bitcoin(ビットコイン)先物取引サービスを提供するために設立したBakktは10月28日、スターバックスと協力し、デジタル資産の消費者アプリテストを2020年前半に開始すると発表した。

スターバックスはBakkt設立当初からのパートナーであり、米国ではApple PayやGoogle Payよりも早く、事前注文や決済ができる独自の決済アプリをローンチ。

今回のBakktの発表では、消費者決済アプリに対応するデジタル資産の詳細は明らかにされていないものの、世界的なコーヒーチェーンがBitcoinなどの仮想通貨での支払いに対応すれば、仮想通貨の普及や投資環境の整備につながると期待される。

出典:仮想通貨Watch

バイナンス、Blockstackの上場に際し2700万円相当の仮想通貨を授受 上場手数料問題で物議

世界最大手仮想通貨取引所バイナンスは、Blockstack(STX)の新規上場に際し、25万ドル(約2700万円)に相当する833,333STXを運営企業Blockstack社から受け取っていることが分かった。

バイナンスは、STXを取り扱う最初の取引所として注目された。というのも、Blockstack社は以前、米証券取引委員会(SEC)のRegulationA+とRegulationSの規定に基づき、合計2300万ドル(約25億600万円)の資金調達に成功したプロジジェクトで、規制に準拠した仮想通貨プロジェクトとして大きな注目を集めていたためだ。

25万ドルという額は、SECのRegAに基づいた価格を基準に計算されているという。

出典:Coin Post

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.27)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.11.2)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.4)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.30)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!