ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.27)

ニュース 2019年10月27日 投稿

ハンガリー中央銀行仮想通貨・フィンテック促進計画発表|ビットコイン市場へ影響は?

ハンガリーの中央銀行であるハンガリー国立銀行(MNB)は、仮想通貨・フィンテック分野に関し、今後イノベーションを目指していくという戦略を正式に発表した。

ハンガリーの計画の目的は、国内の金融セクターのデジタル化を促進し、金融における安全性と即時性、利便性の向上を目指すことにある。

ハンガリーは、フィンテック産業や仮想通貨分野において格段に有名な国であるというわけではないが、ハンガリーのような、これまで仮想通貨・フィンテック産業に関して積極的な姿勢を示していなかった国々が、今回のような戦略計画を発表したのは非常に大きなニュースだ。

先日の中国によるブロックチェーン技術促進の表明に後押しされるように、今後ますます仮想通貨・フィンテック産業の促進が世界中のいたる場所で行われていくだろう。

出典:Coin Otaku

サイバー犯罪集団が南ア・ヨハネスブルグ市にハッキング 不正入手データの身代金を仮想通貨で要求中【ニュース】

南アフリカ共和国のヨハネスブルグ市が、公式ツイッターアカウントで「情報システムへの不正アクセスに絡むネットワーク侵害を検出した」と発表。サイバー犯罪集団が、不正に入手したデータと引き換えに仮想通貨ビットコイン(BTC)で4BTC(約380万円)の身代金を支払うよう要求しているという。現地メディアeNCAが10月25日に報じた。

ヨハネスブルグ市によると、今回の攻撃を受けデータ保護および調査のためウェブサイトや支払いシステムを停止させるなど住民向けシステムに影響が出ているという。

行政機関や企業のサイトをハッキングし、不正入手したデータの身代金を要求する事件は世界各地で発生している。今年6月、米フロリダ州リビエラビーチ市は要求された身代金を支払う決定をしている。

出典:コインテレグラフジャパン

関連記事はこちらから

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.8.2)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.8.6)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.15)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.4.16)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!