ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.25)

ニュース 2019年10月25日 投稿

韓国カカオの独自ブロックチェーン「クレイトン」、仮想通貨取引所OKExなどがパートナーに【ニュース】

韓国のメッセージアプリ大手カカオは25日、独自ブロックチェーン「クレイトン」のネットワークに複数の仮想通貨取引所やウォレット事業者などがパートナーとして参加することになったと発表した。

今回クレイトンのパートナーとして加わったのは、OKExやコインワ、アップビットといった仮想通貨取引所だ。アップビットは既にクレイトンのネイティブ通貨「クレイ」をサポートしている。

複数のウォレット事業者もパートナーとして加わった。これらのウォレットでは、クレイトンのネイティブ通貨「クレイ(KLAY)」やクレイ互換トークンをサポートすることになるという。

今月22日、大手取引所のバイナンスが、「クレイトン」のガバナンス協議会のメンバーとして参画したばかりだ。クレイトンのガバナンス協議会には、韓国大手企業LGエレクトロニクスや日本のモバイルゲーム企業gumiなどが既に参加している。

出典:コインテレグラフジャパン

米大手仮想通貨カストディアン、メーカー(MKR)のガバナンス投票プラットフォーム運用開始

Visaが出資している仮想通貨カストディアンAnchorageは、メイカー保有者のためにガバナンス投票プラットフォームを運用開始した。さらなるコインのサポートも予定されている。

機関仮想通貨カストディアンAnchorageは、投票への参加者を増やすための試みとして、MakerDAOの MAker(MKR)トークン保持者がオンチェーンガバナンスへの議決プラットフォームを始めた。

また、このプラットフォーム作成に「数ヶ月」を要し、ただ役員投票のためだけのものであり、世論調査ではないとアンカレッジの共同創業者で社長であるDiogo MonicaはThe Blockに述べた。

アンカレッジは、その顧客が「とても多くの」MKRトークン保有数を持っているため、ガバナンス投票プラットフォームは「意味あるインパクト」を将来的な投票者の参加に与えると述べた。

出典:Coin Post

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.8)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.10.30)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨ニュース」(2018.11.1)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨ニュース」(2018.12.26)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!