ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.18)

ニュース 2019年10月18日 投稿

仮想通貨取引所ZaifがNEMのアップデート『Catapult トークン』付与を発表

フィスコ仮想通貨取引所は、運営する仮想通貨取引ZaifでNEMのアップデート版である『Catapult トークン』の対応方針について公式サイトで発表した。

アップデート当日のXEMの保有残高に応じて、Zaif利用者アカウントに対して同数量の『Catapult トークン』の付与を受ける権利が発生する。

2020年1Qに実施されるNEMのアップデートに伴ってZaifでも権利発行の対応が進むものと思われる。

NEMのアップデートによって、NEMのブロックチェーンは既存のNEMチェーンと、アップデート版であるCatapultチェーンの2つが運用される。

また、一般的なハードフォークとは異なり、『Catapult トークン』への移行は「オプトイン」方式が採用される。

出典:みんなの仮想通貨

高級自動車メーカーカルマがビットコイン決済目指すと公表|仮想通貨決済がより身近に

カリフォルニアに本拠を置く高級自動車メーカーのカルマ・オートモーティブは、株主とともにビットコイン決済導入に向けての開発を行っていく意向を発表した。

大規模な自動車メーカーによるビットコイン支払いの導入は、ビットコインの実用化に大きく貢献するだろう。

日本国内では、今年8月にトヨタとソフトバンクの合併会社で、モビリティサービスを手掛ける「MONET Technologies(モネ・テクノロジース)」の企業コンソーシアムにbitFliyerが参加し、トヨタがビットコイン決済を導入するかと話題になった。

世界中でビットコインを利用して自動車を簡単に購入できる時代の到来は、もうすぐなのかもしれない。

出典:Coin Otaku

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.8.21)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.10.30)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.12)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.29)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!