ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.17)

ニュース 2019年10月17日 投稿

世界4大会計事務所EY、政府機関向けブロックチェーン財務管理ソリューション提供開始

世界4大会計事務所の一つであるErnst&Young(EY)社が、ブロックチェーンを活用して公的資金の財務状況を管理するソリューションを世界各国の政府機関に提供すると発表した。

15日の発表によると、「EY OpsChain公的財務マネージャー」と呼ばれるソリューションは「リアルタイム」で公的資金の状況を追跡できるという。

同社は、公的財務マネージャーのアプリケーションは、EY社が独自開発したブロックチェーンである「OpsChain」上で作られ、カナダのトロント市を含む世界各国で試験的に導入されでいたと説明した。
EY社は、「世界各国の政府が都市の近代化とデジタル化を進める中、ブロックチェーンの技術は徴税からオープンデータ、公共投資までのプロセスでプラスのインパクトをもたらす事ができる」と述べた。

出典:Coin Post

マイアミ国際空港、ビットコインATMを設置

米国・マイアミに本拠を構えるスタートアップ企業Bitstopは10月15日、マイアミ国際空港にビットコインATMを設置したことを発表した。同空港のビットコインATM設置は初めて。

マイアミ国際空港は、米国で3番目に利用者が多い国際空港で、米国と中南米間の最大の玄関口だ。Bitstop・CEOのダグ・カリーリョ(Doug Carrillo)氏によると、現金ではなくビットコインを利用する旅行者が増えており、マイアミ国際空港は、旅行者向けにBTCと米ドルの交換サービスを提供するには最適な場所だという。
Bitstopは、ビットコインATMを最小2万5000ドル(270万円相当)の価格で提供している。

同社は、ビットコインATMの需要が加速度的に増加すると予想しており、2020年末までに世界中に500台のビットコインATMを設置する見通しだ。

出典:仮想通貨Watch

関連記事はこちらから

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.7.29)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.4.17)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.23)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.8.2)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!