ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.29)

ニュース 2019年9月29日 投稿

取引所コインベース、規制の厳しいNY州でいよいよ新仮想通貨サービス提供

仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)は、他の地域では何カ月も前にローンチされた2つの仮想通貨に、ニューヨーク州の居住者がアクセスできるようになったと発表した。

2019年9月25日(現地時間)になされた2通のツイートの中でコインベースは、ニューヨーク州在住の顧客が、ステラ・ルーメンズ(XLM)とチェーンリンク(Chainlink)のリンク(LINK)トークンの保有、購入、売却、送金、受け取りができるようになったと発表した。

リンクは、チェーンリンクの分散型ネットワークを支えるために利用されているイーサリアムベースのトークンである。

一方のステラは、仮想通貨ベースの支払いシステムとして、XLMトークンを利用するように設計されている。ステラは2018年に発表された、決済ネットワーク「World Wire」でIBMと提携していることで知られている。

出典:coin desk JAPAN

仮想通貨エニグマ(ENG)がメインネットローンチに向けて一歩前進

エニグマ(Enigma)は、ブロックチェーンのプライバシーソリューションを手掛けているプロジェクトだ。

そんなEnigmaは、現在メインネット稼働に向け、最初のノードを決定するためのジェネシスゲームを開始する。

ジェネシスゲームは、メインネットのネットワーク稼働に必要な最初のノード(ジェネシスノード)を決定するためのものである。ゲームでのスコアリングに応じてジェネシスノードが選定される。そのための最初のステップであるスナップショットが完了したことが発表された。

今回、スナップショットが完了したことで、平均保有量が計算された。メインネット立ち上げに向け一歩前進したことになる。

一歩ずつではあるが、マイルストーンを達成しながら確実に進行しているようだ。

出典:Coin Choice

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.8)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.22)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.7.2)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.6.12)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!