ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.23)

ニュース 2019年9月23日 投稿

仮想通貨取引所バイナンスは間も無く、中国元建てのOTCを開始

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は、来月中にフィアットから仮想通貨へのOTC取引を開始する計画であり、取引所は中国の仮想通貨市場をターゲットにしているとのことだ。このサービスは、法定通貨、特に中国元を預けるためのゲートウェイを提供する予定であり、170か国のユーザーがBinance.comで法定通貨を使用して仮想通貨を購入できるようにする支払いサービスを展開する予定である。

最近、Binanceからのニュースはこれだけにとどまらず、彼らは最近、デリバティブ分野に参入するためにJEX取引所を購入した。また、Binanceは、Futures AとFutures Bという愛称の2つの仮想通貨未来トレーディングプラットフォームのテスト用のサンドボックスを提供する予定であると述べた。

最後に、Binanceはより安定したコインの提供も発表し、ニューヨーク金融局から規制当局の承認を受けたと述べている。

出典:NEXT MONEY

Facebookが独自仮想通貨LibraのためにAIチャットボット開発のServicefriendを買収

Facebookは独自の仮想通貨であるLibra(リブラ)の2020年発行を目指し、Libraで使えるツールの整備を進めている。TechCrunchが確認したところによると、Facebookがその1つとしてServicefriend(サービスフレンド)を買収した。

Facebookの狙いは、CalibraでLibraの支払いと受け取りができる一連の金融サービスを構築することだ。連絡先への送金、請求書の支払い、Libraの補充、買い物などが考えられる。

Facebookの場合、Calibraのカスタマーサービスをよいものにすれば、信頼を得るだけでなく強固なものにできるはずだ。よいサービスにできなければ、顧客だけでなくLibraのパートナーや、場合によっては規制当局との間で問題が発生する可能性がある。

出典:TechCrunch Japan

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.26)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.10)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.3)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.12.16)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!