ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.19)

ニュース 2019年9月19日 投稿

ビットワイズのビットコインETF承認確率は「0.01%」仮想通貨に詳しい弁護士が予想

米国仮想通貨の規制に詳しい弁護士ジェイク・チャービンスキー氏は、ビットワイズのビットコインETFがSEC(米証券取引委員会)に承認される確率は0.01%と予想した。
ヴァンエックらがビットコインETF申請を取り下げたことを受けて、チャービンスキー氏は、残されたビットワイズのビットコインETFの方が通りやすいと考える理由はほとんどないと発言。SECは「規制された大規模なビットコイン市場はどこにもない」という立場を示しており、ヴァンエックやビットワイズにとって「情報を共有する監視体制」を構築することが困難であることが大きな理由であると述べた。
チャービンスキー氏は、残されたビットワイズのビットコインETFが承認される確率は0.01%だろうと予想した。
SECによる最終判断の期限は10月13日だ。

アルゼンチンは完璧な入り口 ― フォビが仮想通貨取引所を展開

仮想通貨取引所フォビ(Huobi)はアルゼンチンに進出する。同国ではインフレで悪名高いペソに対する防衛手段として仮想通貨の普及が進んでいる。
同社は2019年9月17日(現地時間)の声明において、アルゼンチンペソで幅広い仮想通貨の購入を可能にする取引所フォビ・アルゼンチン(Huobi Argentina)のローンチを発表した。
フォビはまた10月に、クレジットカード、電信送金、さらに決済アプリ「メルカドパゴ(Mercadopago)」を含むアルゼンチンで一般的に用いられる他の支払い方法によって仮想通貨が購入できる同取引所向けの法定通貨ゲートウェイをオープンする予定。
市場データを提供するスタティスタ(Statista)のレポートによると、仮想通貨の普及率においてアルゼンチンは16%と、世界で第4位に位置している。同レポートは、パーセントで言えば、ラテンアメリカには他のどの地域よりも多くの仮想通貨ユーザーがいることを指摘している。

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.15)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.14)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.27)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.11.15)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!