ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.9)

ニュース 2019年9月9日 投稿

仮想通貨取引所ポロニエックス(Poloniex)がXRPウォレットアップグレードを発表

仮想通貨取引所であるポロニエックス(Poloniex)のツイッター公式アカウントが9月5日、XRPのウォレットのアップグレードを9日に行うことを発表した。公式アカウントによると、メンテナンス中のトレードには影響ないが預け入れと引き出しは延期されると注意している。

ポロニエックスではこれまでXRPのアドレス作成のために基本予備預け入れ金として20XRP(約560円)が必要だった。今回のアップグレードにより基礎予約預け入れ金は不要となる。

また今回のアップグレードにより、預け入れ時に必要な確認が12から2に減少される。これにより入金時間は20分から約15秒へと短縮される予定である。

ポロニエックスは2014年から運営している仮想通貨取引所である。アメリカのマサチューセッツ州ボストンに拠点を構えており、現在では60種類以上の仮想通貨を取り扱っている。

出典:仮想通貨Watch

コインチェックとbitFlyer、イーサリアムクラシックの入出金を9月11日夕方より一時停止

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)は、ネットワークの大型アップデートとなるハードフォーク「Atlantis」(アトランティス)をブロック番号877万2000にて実施する。仮想通貨交換所Coincheckは、ハードフォーク予定日の前日となる9月11日午後4時頃を目安に、ETCの入出金を一時的に停止するとした。

仮想通貨交換所bitFlyerは、ハードフォーク予定日の前日となる9月11日午後5時頃からETCの入出金を一時的に停止するとした。

また、bitFlyerは仮想通貨の入金には承認時間を必要とする。通常はトランザクション作成から反映されるまで24時間程度の承認時間を要するため、ETCの入金は余裕を持って行ってほしいと注意を促している。

なお、両交換所ともに入出金の再開日時など、ハードフォーク終了後の予定については、現時点では明らかにしていない。今後の対応報告にも注視したい。

出典:仮想通貨Watch

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.15)

仮想通貨取引のGMOコイン  マネーフォワード MEとのAPI連携開始のお知らせ

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.5.29)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.3.29)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!