ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.7)

ニュース 2019年9月7日 投稿

米Paxos、金本位の仮想通貨を発行

米ドル連動型のステーブルコインを発行するPaxos(パクソス)が、金本位のステーブルコインを発行する。金の投資家を仮想通貨に引き込む狙いとみられる。

パクソスは5日、金オンスと1対1で連動するデジタル通貨「PAXゴールド(PAXG)」を発行すると発表。ニューヨーク州金融当局(NYDFS)から認可を受けており、パクソスの仮想通貨取引所「イットビット(itBit)」で、ドル建てで購入できるようにする。規制された初のデジタル版ゴールド商品になるという。

パクソスでは、様々な商品や世界中の金融資産をトークン化するという目的を持っており、金のトークン化もその目標を達成するためのプロセスとみられる。

パクソスは今後、ドル建て以外の他の取引ペアでも上場を検討しているという。

出典:NEXT MONEY

運転しながら仮想通貨が稼げる仕組み、ドイツ企業が考案

ドイツの自動車部品メーカーの「コンチネンタル」が、ブロックチェーンを活用した駐車場の情報共有プラットフォームを立ち上げた。自動車のドライバーらが取得したデータをマネタイズする仕組みは、各社が考案しているが「運転しながら稼ごう(Earn As You Ride)」というコンチネンタル社の呼びかけは、注目に値する。

Earn As You Rideのアプリは、まずデータ共有の同意を求める。その後、アプリは走行中の車両が検知した駐車場の空き情報をリアルタイムで送信し、コネクテッド・パーキングを運営する業者らがそのデータを活用する。ドライバーらは報酬を、仮想通貨で受け取る仕組みになっている。

情報のマネタイズ手段を加えることで、自動車メーカーは運転者同士のデータ共有を活性化させ、新たなビジネスを創出できるかもしれない。

出典:Forbes JAPAN

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.14)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.3)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2018.06.05)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.7.25)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!