ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.3)

ニュース 2019年9月3日 投稿

Binance(バイナンス)が仮想通貨取引所「JEX」を買収 先物契約のテストイベントも開始へ

大手暗号資産取引所のBinance(バイナンス)は2日、アフリカのセーシェル共和国に拠点を置く仮想通貨取引所「JEX」を買収したことを発表しました。

バイナンスは、買収先のチームと発行母体が保有する取引所通貨「JEX」を管理して、先物契約やオプションを提供する「Binance JEX」を立ち上げます。

予定通り、バイナンスはJEX買収のニュースと同時に、先物契約2種類の報酬付きユーザーテストを実施することも発表しました。

2つの先物は「先物A・先物B」と名付けられており、どちらがJEX・自社開発なのかはわからないようになっています。

さらに、デモトレードではテスト版USDTでのトレードコンテストが催され、合計5000BNBの賞金が用意されています。

引用:みんなの仮想通貨

 

北朝鮮、仮想通貨ハッキングの報道を否定

2019年9月1日、北朝鮮の国営通信社で国内最大の報道機関「朝鮮中央通信(KCNA)」は、北朝鮮が仮想通貨をハッキングにより不正入手しているという報道を否定した。この報道はKCNAWATCHが発表したもので、反マネーロンダリングと対テロ資金調達のための北朝鮮国内調整委員会のスポークスマンによって出された声明になる。

国連の発表によれば、17ヵ国で少なくとも35回サイバー攻撃が行われたという。以下のツイートでは、北朝鮮ハッカーと繋がりのあるマルウェア(悪意のあるソフトやコード)を公開したとの発表。

国連安全保障理事会は、2006年10月に北朝鮮が初めて地下核実験を行った後、対北朝鮮制裁を決議し、北朝鮮制裁委員会を設置した。さらに専門家パネルが制裁委員会の下部組織として置かれることに。この専門家パネルが、北朝鮮は経済制裁をかいくぐり、外貨を獲得するためにサイバー攻撃を行っていると報告。

引用:NEXT MONEY

関連記事はこちらから

「Future of Money~マネーの未来を探る~」イベントレポート(前編)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.4.15)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.7)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.13)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!