ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.8.5)

ニュース 2019年8月5日 投稿

仮想通貨取引所ビットポイントジャパン、あすから法定通貨の入出金を再開|仮想通貨の送付サービスは9月以降に

リミックスポイントは5日、ハッキングされ、30億円分の仮想通貨が流出した子会社の仮想通貨取引所ビットポイントジャパンで、6日から法定通貨の入出金サービスを再開すると発表した。

店頭仮想通貨証拠金取引については8月9日頃を、現物の売買取引は13日の再開時期を見込んでいる。

資産の返還に該当する仮想通貨の送付サービスについては9月以降を予定。コールドウォレットから送付できる機能を実装し、顧客からの請求があった際に応じる対応を検討しているという。ビットポイントジャパンは預かり資産分の仮想通貨は全量を保有していると明らかにしている。

 

中国の中央銀行が独自仮想通貨を開発か「2019年後半の重要業務」【フィスコ・ビットコインニュース】

中国の中央銀行「中国人民銀行」が、独自の仮想通貨発行に向けて動きを加速させるとの発表を行なった。現時点では開発を進めているが、実際に発行されるかは明記されていない。

中国人民銀行の調査局の代表を務めるWang Xin氏は、フェイスブックが主導する仮想通貨リブラのプロジェクトなどが国際金融へ与える影響を考慮し、独自仮想通貨についてリサーチ段階から開発段階への移行に迫られていると述べていた。

中国は政府によって仮想通貨禁止統制が敷かれているため、公にビットコインなどの仮想通貨について言及されることはほとんどなかったが、中国国内における仮想通貨と金融市場の捉え方に変化が起きている可能性にも注目したい。

関連記事はこちらから

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.8.2)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.12)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.23)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.27)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!