ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.7.16)

ニュース 2019年7月16日 投稿

ビットポイントが仮想通貨の不正流出で謝罪–最終的な被害額は約30億円、約5万人に影響

ビットポイントジャパンは7月16日、11日に発生した仮想通貨取引所での仮想通貨の不正流出について流出額などの詳細を発表した。

この不正流出は、7月11日21時11分ごろにリップルに関する送金エラーを検知して発覚したもの。流出額は30億2800万円、ユーザー預かり分は20億6000万円となる。流出の原因は調査中としつつも、ホットウォレットの秘密鍵を管理するウォレットサーバーが不正アクセスを受け、鍵を窃取された可能性が高いと説明。さらに、ホットウォレットは仮想通貨ごとに設定されていたが、そのすべての秘密鍵が流出したという。

 

イラン独自の仮想通貨発行準備か、金との交換可能で米経済制裁避けるため?

イランは米国の経済制裁を回避するため、中央銀行から認可を得てマイニングされ、金(ゴールド)と交換可能な暗号資産(仮想通貨)を近く発行することになりそうです。

イランの4銀行がGhoghnoos社と協力して、仮想通貨の決済システムを開発していることが判明しました。ちなみにこのシステムで開発される「PayMon」と呼ばれる仮想通貨は、決済と送金サービスのステラルーメンズ(Steller Lumens)ネットワークを介した金との交換可能なトークンです。

イラン中央銀行は1月、仮想通貨とICO規制の大部分を解禁しました。その時点で残された主たる規制問題が決済方法でした。数日後、その仮想通貨が国家所有の金(ゴールド)準備によって支えられることが分かりました。PayMonはテスト中で、年末までに発行の準備が整う見込みだとされています。

 

仮想通貨イーサリアムのヴィタリック、短期でのビットコインキャッシュとの統合を提案

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は13日、イーサリアムのスケーラビリティ(利用者増への適応能力)問題への一時的な解決策として、ビットコインキャッシュのブロックチェーンを利用することを提案した。

現在、イーサリアムはスケーラビリティの改善を目指した大型アップグレード「イーサリアム2.0」を進めており、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)からPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への移行を目指している。

ただ、開発スピードが遅いという声も出ている。ブロックチェーン関連のコンサル会社カタクラシーの共同創業者は、ブテリン氏の提案がイーサリアムプロジェクトの失敗を示したと指摘。ビットコインキャッシュとの統合は、スケラービリティ問題解決を遅らせるだけだと批判した。

 

関連記事はこちらから

実需取引拡大のためにSwap市場が必要な理由

今すぐ仮想通貨(暗号資産)を始めよう!仮想通貨初心者におすすめの取引所はココ

編集部による仮想通貨トピックス(2019.8.19)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.11.14)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!