ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

編集部による仮想通貨トピックス(2019.6.12)

ニュース 2019年6月13日 投稿

テレグラムの独自仮想通貨(暗号資産)「グラム」リキッドが7月に独占で一般発売へ

仮想通貨取引所QUOINEを傘下に抱えるリキッド・グループは7月、プライバシーを重視した暗号化チャットアプリのテレグラムの独自トークン「グラム」の一般販売を行う。11日にプレスリリースで発表された。

グラムはリキッドで7月10日に販売開始される。参加者は、米ドルかUSDコイン(USDC)で購入可能で、リキッドの口座を通して買う必要がある。

テレグラムが昨年にICOをした当時は一般販売は行われないと見られていたが、グラムの最大の保有機関であるグラム・アジアが10月を前に未公開の数のグラムを一般販売にかけることになる。

 

大手仮想通貨(暗号資産)メディアCCNが10日にサイトを閉鎖「一夜にして」訪問者が激減でグーグルに苦言

大手仮想通貨(暗号資産)メディアCCNが10日にサイトを閉鎖することを発表した。理由はグーグルによる検索エンジンのアルゴリズム変更による訪問者数の減少だ。

CCNによると、グーグルが3日に行ったコア・アップデートによってサイトへの訪問者数が激減。一夜にしてモバイル版で71%も訪問者数が減ったそうだ。CCNは、新たなメンバーがチームに加わる中、こうした状況では広告収入を頼りに事業を継続するのが困難と判断した。

その上でCCNは、グーグルコアアップデートの3ヵ月前に通知すること、サイト側にどんな対策ができるか説明すること、多国籍のタスクフォースを設置して「民主主義、言論の自由、表現の自由、情報の自由」のためにグーグルの検索エンジンアップデートを調査することを要望した。

 

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.8.22)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.30)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨ニュース」(2018.9.5)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.8.13)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!