ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2019.6.18)

ニュース 2019年6月18日 投稿

米中貿易摩擦、中国元安の影響

ビットコインの堅調な背景には、米株の軟調な動きや米中貿易摩擦、中国元安で逃避的に買われていたこともあるようです。
コインポストが報じたところによると、ブロックチェーン情報機関Diarの調査で、昨年秋からビットコインが軟調に推移している地合いのなか、1,000BTCから10,000BTCを保有するアドレスの数が急上昇しており、その保有量は45万BTCに上るということだそうです。この動きもビットコインを下支えして、上昇の流れを作ったことの要因の一つであるようです。
アメリカ・ヨーロッパでも株下落に懸念を示したようで、利下げの話も出てきております。そのためか、株も反転したことで、ビットコインも一旦調整となり、80万円台へ下落しておりました。

香港の大規模デモとFBコイン

その後、香港で「逃亡犯条例」改定をめぐって大規模デモが起こり、この混乱でビットコインは再び逃避的に買い進められたようです。ビットコインの取引高も年初からの半年弱で去年1年分にほぼ並んでいるようです。
FBコインも今月中にホワイトペーパーを発表と、ビットコインには明るいニュースも出ております。

関連記事はこちらから

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.5.10)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.10.25)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.8.8)

国内を代表する企業とともに、強固なセキュリティをもってスタートした「ディーカレット」の将来像

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!