ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨ニュース」(2018.11.1)

ニュース 2018年11月1日 投稿

10月のビットコイン相場

前回の世界同時株安の影響とみられる68万円台へ急落したBTCは、その後急激に75万円台へと反発する局面がありました。これはテザー社と関連ある海外大手交換所が、法定通貨入金を停止したことに不安を覚えた参加者が、ドルペックで運用されているテザーを売ってBTCに乗り換えた結果、BTCの上昇を招いたようです。この間も市場にはプラスとなる要因も出ており、アメリカの大学でイェール、ハーバード、スタンフォード、MITなどが仮想通貨に投資というニュースも出ておりました。さきの海外大手交換所での法定通貨の入金が再開されると、BTCは再び軟調な地合いとなります。

続いて米国経済会議委員長や大統領補佐官を務めた、ゲイリー・コーン氏の仮想通貨業界への参入も話題となっておりました。また、ナスダックは、今後ICOによる仮想通貨業界へ参入を考えていることも明らかになりました。ただし従来のICOではなく、STO(セキュリティー・トークン・オファリング)と呼ばれるもので、トークン自体が証券として扱われるということです。

GUSD、PAXなど、ニューヨーク州から承認を受けたドルペッグするステーブルコインの発表も相次ぎました。世界有数の資産運用グループのフィデリティーも、仮想通貨サービス参入とのインパクトがあるニュースも出ておりました。ゴールドマンサックスが仮想通貨カストディ企業BitGoへ出資した、とのニュースも流れております。市場の重要な位置づけとされているBakktは、12月12日に始動すると発表されております。米コインベースにおいては、カストディ業務がニューヨーク州から認可を受けました。こうした前向きな材料もあり、相場は底堅く推移しておりますが、上値は重い展開が続いております。

規制方面は、FATFから規制枠の拡大などが含まれた方向が示され、また国内では日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が自主規制団体と認定されました。自主規制の中では、証拠金取引の倍率の引き下げなどが含まれております。引き続きBTC相場は、69万―75万のレンジで取引されております。

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.9.21)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.5.15)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.6.26)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.7.3)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!