ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
コラム・インタビュー

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨(暗号資産)ニュース」(2018.06.05)

ニュース 2018年6月5日 投稿

5月後半のビットコイン相場

5月下旬にはブルームバーグが関係者の話として米国司法省や商品先物取引委員会は仮想通貨(暗号資産)がトレーダーによって価格操作されていたのではないかとのことで捜査を開始したと報道しました。これによってビットコインは77万近辺へと下落します。一方でドイツの証券取引所が今秋無料の仮想通貨(暗号資産)アプリを立ち上げるとのニュースやアメリカのサークル社がドルと連動した仮想通貨(暗号資産)のステーブルコインを公表しました。また中国の習近平国家主席はブロックチェーンについて経済成長に大きな役割を果たすとのコメントをしております。ビットコインはやや上昇に転じて80万台前半の推移となっております。

3通貨、ブロックチェーンに攻撃を受ける

仮想通貨(暗号資産)全体では軟調な地合いが継続しております。大手米系証券や仮想通貨(暗号資産)の世界最大規模の会議がプラス要因であったものの上昇は維持できずむしろマイナス要因が重くのしかかっている状況のようです。5月中旬には3つの仮想通貨(暗号資産)モナコイン、バージ、ビットコインゴールドが攻撃の対象となったようです。今回は今までの攻撃とは異なりブロックチェーンそのものが狙われてしまったということで市場の信頼のゆらぎが上値を重くしていたのではないかと思われます。

関連記事はこちらから

編集部による仮想通貨トピックス(2019.12.14)

大学生投資家が読み解く「海外フラッシュニュース」(2018.9.5)

元外資系金融マンの「Biweekly 仮想通貨ニュース」(2018.12.12)

編集部による仮想通貨トピックス(2019.11.7)

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!