ビットコイン・イーサリアムなどの総合情報ならネクスト比較

仮想通貨取引ネクスト比較
  • はてぶ
  • ツイートする
  • シェアする
仮想通貨取引の基礎知識

仮想通貨(暗号資産)取引で利益を得るまでの流れ

取引手法 2018年4月15日 投稿

昨今「仮想通貨(暗号資産)」という言葉をよく耳にするようになったものの、どうすれば仮想通貨(暗号資産)を購入できるのか、購入した後、何をしたら利益が発生するのかが今ひとつわからなくて、購入に踏み切れない方も少なくないのではないでしょうか。また、投資そのものに対しての「怖い」「難しい」というイメージを持っている人もいるため、自分が取引を行うのは無理だと端から決めつけてしまっている方もいるかもしれません。しかし、実際に取引を行ってみればわかる通り、よほど欲をかかない限り、もしもの時も大きな損失を被ることはありませんし、また、誰でも簡単に始めることが可能です。

まずは口座を開設しよう

まずは仮想通貨(暗号資産)を購入するまでの全体の流れを把握しましょう。手順として最初に行うことは、仮想通貨(暗号資産)を取り扱っている取扱業者の持つサイトにて、口座を作成してアカウントを製作します。口座を製作すると、次に本人確認のための書類を提示することになりますが、これは会社に実際に行く必要はなく、本人確認書類をその業者のサイト上にアップロードするだけで終えることが可能です。この時にメールアドレスを入力することになるため、Eメールが確認できるようにしておくと開設作業はスムーズに進めることがでるでしょう。多くの場合、口座開設と本人確認に伴い、住所の確認も兼ねて開設を知らせる内容が、葉書などの郵送物で送られてくるようになっています。その郵送物に口座開設に必要なパスワードなどの情報が記入してある場合もあるので、業者によっては、この郵送物の到着を待って、口座の開設がスタートすることになります。口座が開設したら、次に資金を入金する自身の銀行口座を指定することになります。ここまでの時点では、一切料金はかかりません。すぐに通貨を購入する場合は、クレジットカードや銀行振り込み、コンビニ支払いなど、もっとも都合の良い方法で「取引所」もしくは「販売所」に入金します。入金が済んだら仮想通貨(暗号資産)を購入するだけです。通貨の購入までは、以上のステップで購入することができます。しかもインターネットを介して行うので、新たに入金方法を設けるなどしない限りは屋外に出ることなく、初心者でも簡単に購入することができます。通常の買い物と違うのは、通常が、自身が所持する資金を、財布もしくは銀行口座から直接商品を取り扱う会社や個人に代金として支払うのに対し、仮想通貨(暗号資産)を購入する場合は、まずは一旦自身の資金を入れる口座を、取引業者のシステムの中に作り、そこから資金を使用して通貨を購入する、という流れになっている点です。投資をしたことのない方には少し馴染みがないところではあるかと思いますが、仮想通貨(暗号資産)の、常にインターネット上に存在している性質上、利用者の資金の安全性を守るために不可欠な工程であるということができるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)を現金に変える

仮想通貨(暗号資産)を購入するときの方法もとても簡単です。メニューの中から欲しい仮想通貨(暗号資産)の銘柄を選択して数量を入力したら、購入金額が表示されますので、確認したうえで「購入する」と書かれたボタンをクリックすれば完了です。 特別なスキルなどは何も必要ないうえに、仮想通貨(暗号資産)は数百円から数千円程度の単価からでも購入することができます。ただ、ビットコインなどは、よく1BTCが何十万円、一時は200万円にもなったため、大変な高額、というイメージを持つ方も少なくないかと思います。しかし、購入は1BTCではなく、最小で0.00000001BTCからでも購入することができるため、実際は小額でも購入することができます。したがって、数十万円や数百万円といった大金を最初から用意する必要がない、という点においても、仮想通貨(暗号資産)取引は誰にでも始めやすいといえるのです。仮想通貨(暗号資産)取引で得られる利益は、自分が購入した仮想通貨(暗号資産)の売却時の価格が、購入時と比べてどれだけ上がったかによって決まります。つまり、価格が安いときに仮想通貨(暗号資産)を購入して、高いときに売却すれば、利益を得られるということです。もし利益が出たときには、最も一般的なのが仮想通貨(暗号資産)を購入したときと同じように「販売所」もしくは「取引所」を利用することで現金に変えることができるようになります。

「販売所」と「取引所」の違い

ここで注意したいのは、「販売所」と「取引所」の違いです。「販売所」というのは通過の発行元から仮想通貨(暗号資産)を請け負って販売を行う場所であり、「取引所」というのは、仮想通貨(暗号資産)取引をしたいと考えている同士の仲介を行う場所のことです。これがどのような違いになるのかというと、仮想通貨(暗号資産)を新規に購入する場合、「販売所」は仮想通貨(暗号資産)を取り扱う業者が決めた価格で通貨を売買しているため、通貨の所有者同士での交換、つまり「取引所」より販売価格が高くなる場合が多い、ということです。これは、取り扱い業者は営利企業なので、通貨を仕入れて販売するうえで、販売する時はその価格の中に販売利益を内包させるためです。一方、「取引所」は通過の売却を希望する「売り手」と購入を希望する「買い手」をつなぐ仲介、昨今でいうマッチングサービスに当たるため、その取引量に応じた「手数料」を利益としています。これは取引金額によるのですが、それほど膨大な金額の取引でない限り、一般的には取引手数料の方が安価に済む場合が多いのです。 取引所を利用して仮想通貨(暗号資産)を売却する方法も、購入方法と同じく実に簡単です。メニューの中から売却する仮想通貨(暗号資産)の銘柄を選んで数量を入力したら、「売却する」と書かれたボタンをクリックするだけで日本円に換金されます。 そして、換金された資金を自分の銀行口座に振り込みたいときには、振込先の銀行口座を指定して振込を行えば完了となります。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)で利益を得るまでの流れとしては、まずは取引業者のサイト内に口座を開き、その口座のなかに自身の資金を入れます。口座開設の折は本人確認の手続きが必要となります。そこから通貨を購入し、利益が発生したら、売却して現金へと変えます。ビットコインは最小で0.00000001BTCから、つまり小額からでも購入することができます。この時、取引所と販売所では価格に違いがあるので、自身がいくら分の通過を購入したいのかによって、またはどのように運用をしていきたいのかによって、どちらで購入するかは検討した方が良いでしょう。一般には、取引所の方が購入価格は安価に済む場合が多いようです。ここでは通常の購入をベースに利益を得て資金に変える流れをご説明しました。他にも証拠金を用いた取引など、その利益の最大化にはいくつかの方法がありますが、今回ご紹介したような、普通に「購入」「売却」を行なっていく分には、よほどの金額の通貨を購入しない限りは突然の損益を被る、ということにはなりません。自身の資金に応じて、計画的な運用をするように心がけていくとよいでしょう。

関連記事はこちらから

仮想通貨(暗号資産)の取引の基本知識

仮想通貨(暗号資産)取引に欠かせないウォレットとは?

仮想通貨(暗号資産)取引における指値注文とは

仮想通貨(暗号資産)におけるOCO注文

  • 2019年最新版 仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング
  • bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!